Salomon
 

ZINです。

今回は私の「コピーライティング」に対する考え方に、
革新的な変化をもたらした『ソロモン王の箴言』という教えに残された、
ある言葉を紹介したいと思います。



この『ソロモン王の箴言』に書かれていたとされるその言葉は、
私がそれまで考えていた「コピーライティング」というスキルに対する概念を、
根底から「ぶち壊した」と言っても過言ではありません。

故に、今回あなたにご紹介する、その『ソロモン王の箴言』
という教えに残されていたとされる言葉をご紹介する事で、
あなたに何か「気付き」があればと思いその言葉をご紹介する事にしたのです。

それでは、今回の考察記事をスタートします。

 

ソロモン王の箴言とは

 

まず「ソロモン王」とは、どのような人物だと言われているかを、
簡単にウェキペディアより引用したいと思います。

ソロモン王とは、 紀元前1011年頃 – 紀元前931年頃)は、旧約聖書の『列王記』に登場する古代イスラエル(イスラエル王国)の第3代の王(在位紀元前971年 – 紀元前931年頃)。父はダビデ。母はバト・シェバ。エジプトに臣下の礼をとり、ファラオの娘を降嫁されることで安全保障を確立し、古代イスラエルの最盛期を築いた。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3

一言で表現すれば、「ソロモン王」とは、
古代イスラエルの王様だと言われている人物のようです。

私如きではその情報の信憑性や、確かな真実性を確証する事は、
もちろん、全くもってできません。

しかしこの「ソロモン王」が『箴言』として残したされる言葉の中に、
私の「コピーライティング」に対する価値観を、
根底から覆した言葉があったのです。

その「ソロモン王の箴言」に残されていたとされる言葉とは、
下記の言葉になります。

 

“愚者は語り、賢者は聞く”
 

という言葉です。

この言葉を聞いて、

「なんだ。成功哲学的な分野でよく言われているような言葉じゃないか」

とあなたは感じたかもしれません。

確かに一般的に成功哲学と呼ばれている書物の中には、
同じような言葉が書かれている場合が多かったりします。

しかし、私は「コピーライティング」というスキルに出会って、
駆け出しのライターとして悪戦苦闘の日々を送っている時に、
ある意味この言葉を知ったから「今の自分がある」と考えていたりするのです。

 

ソロモン王の箴言で得た「気付き」

 

何故、私は「愚者は語り、賢者は聞く」という言葉を知った事で、
「コピーライティング」というスキルから、
ある一定以上の『成果』をもたらせるようになったのかですが。

それは私が「愚者は語り、賢者は聞く」を知った時に、
この言葉を下記のように解釈したからだと言えます。

私は「愚者は語り、賢者は聞く」という言葉の意味を、

「愚者」は自らの経験や知識だけを、ただ一方的な主張として語る者。

対して、

「賢者」は自らの経験や知識のみならず、更なる賢者からも学び、
また、「知」を求める者の話に耳を傾け、彼らが求めている「知」のみを語る者。

という解釈をしたのです。

もちろん私は、学歴の高い人間ではありませんので、
私の「愚者は語り、賢者は聞く」という言葉に対する解釈が、
真実だとは全く思うことができません。

ただ私は「愚者は語り、賢者は聞く」という言葉を知った時に、
自分なりに上記のような解釈を得たのです。

 

ソロモン王の箴言とコピーライティング総括

 

それでは先ほどの「愚者は語り、賢者は聞く」という言葉から得た私なりの解釈を、
今度は「コピーライティング」に取り組む者に置き換えて、
あえて言葉にしてみたいと思います。

「愚かなコピーライター」は自らの経験や知識だけを、
ただ一方的な主張として文章を綴る者。

(浅はかな知識を独りよがりにひけらかす者)

対して、

「優れたコピーライター」は自らの経験や知識のみならず、
更なる賢者からも学び、また、「知」を求める者の話に耳を傾け、
彼らが求めている「知」のみを文章に綴る者。

(万人が求める「知」を偉大な賢者達の「知恵」を持って言葉にする者)

となるわけです。

要するに私は、この「愚者は語り、賢者は聞く」という言葉から、

1,自身の体験や知識だけでは無く、自身よりも更に賢い者から学ぶ事の重要性

2,お客さんの話に耳を傾け、お客さんが求めている「知」を語る大事さ

という2つ学んだことになります。

そしてこの2つの気付きを得た事で、
駆け出しのライターだった頃の私は、

「自身の浅はかな体験や知恵をただ独りよがりに語っていただけ」

という自身のコピーライティング力の愚かさを感じた次第です。

で、それらの気付きを得たからこそ、

「自分よりもコピーライティングに熟達した方に素直に教えを乞う事」

「常にお客さんとなる人の話に耳を傾け、
そのお客さんが求めている事を分かりやすく文章にする事」

などの重要性をひしひしと感じました。

また私は、それらの行動を愚直に行ってきた事で、
現在の『成果』を得ているとも感じています。

故に今回は、あなたにも「愚者は語り、賢者は聞く」という言葉を、
紹介させて欲しいと思ったのです。

それではこれで私が「コピーライティング」に対して学びを得た
体験談の話を終了します。

あなたにも何か気付きがあったのであれば幸いです。

それでは。

ZIN

⇒コンテンツ一覧へ

”期間限定”無料メルマガ講座

 

>>年間純利益”数億円”のネットビジネスの組み立て方

 

年間利益"億"を稼ぎ出すネットビジネスの神髄

   

"5億を稼ぐ男"に学んだ、ネットビジネスで"億"を稼ぎ出す仕組みの全て。(そのノウハウのあまりのシンプルさと完成度の高さに私は身震いしてしまいました)

 

何故、完全に無名のしかもネットビジネス後発組が、月収100万円を6ヵ月以内に何人も達成する事が出来たのか。(「無名」「後発組」などという事はネットビジネスにおいて全く関係無いという事が、この事実によって証明されたと言えると思います)

 

ネットビジネスで長期的稼ぎ続ける為のあるたった一つのスキルとそのスキルを効率よくマスターする方法。(事実上、"5億を稼ぐ男"はこのたった一つのスキルで全ての資産を築いたと言っても過言では無いのです)

 

私が"ある作業を毎日繰り返すだけで"自身のブログからの収入を「一桁」上げたカラクリ。(時間にして約1時間。ある作業を繰り返すだけで私のブログからの収入は「一桁」変わってしまいました)

 

ネットビジネスでの収入を不労所得化する為のブログ及びメルマガの構成における原理原則。(「売りたい商品を売るべき人に売る」このネットビジネスにおけるシンプルな販売原則をブログ及びメルマガに適用させる事で、収入を不労所得化する事が出来るのです)

 

上記の中にあなたが1つでも知りたいと思う事があるならば、下記の画像をクリックして私の「無料メルマガ講義」を受けて、その答えを受け取って下さい。