ジンです、こんにちは。

「ネット上に文章をアップして収入を稼いでいます」。

はいっと言う事で、やはり”収入的な自由って大事じゃないですか。



今のような不安定な時代を生き抜いていくためにはね。

会社の「給料」という微々たるものだけで暮らすのもしんどいですし、、。

あと、私がライターとしての活動を始めた最も大きな原動力は、やはり「会社に依存して死ぬまで生きるのが嫌だ」でしたね。

私の中では毎日毎日、時間的に拘束されてやりたくもない仕事を、嫌な上司と一緒に「やらなければならない」というのは、地獄以外の何者でも無かったので。

私はそんな「会社依存型」だった自分の生き方は「奴隷と変わらないじゃん」と思っていました。

ですので、生きていくためのお金を「会社だけに依存しないこと」を最も重んじて、”お金を稼げる”という下心MAXでライター業を始めた次第です。

「では、すぐに稼げるようになったのか?」

あなたが知りたいのはそこではないかと思います。

少なくとも、あなたが私と同じように「会社に依存しない生き方をしたい」と本気で思っているのあれば。

では、ではその正直な所をお伝えしましょう。

 

ライターになれば”一瞬で”お金が稼げる!?

 

「ええ、すぐに稼げました、ほんと一瞬でね」

、、って言いたいのは山々ですが、そもそも私は小学校4年生以降一度も作文すら書いたことないほど「文章を書く」という行為が嫌で嫌でたまらないほどの男でした。

ですので、やはり当時ネットビジネス界隈で「簡単に稼げる!コピーライティング!アフィリエイト!」とウンコみたいな奴らが喚きまくってたようにはならなかったですね。

それに私、タイピングもてんでダメだったんですよ。

文字通りの「人差し指一本タイピング」でしたので。

ですので、最初にライター業を独学で学び、ネット上に自身が書いた文章を投稿するという作業は、それは学ぶ事も多かったですし、最初は全くダメでしたね。

で、次にある日私が気付いたのは「あ、私は誰かに何をセールスするのを恐れているな」でした。

あれは確か、ライターとして書き始めて3ヵ月ぐらいの事だったんですけど、ブログに集まってくれていた読者の方に「これ良いですよ」って商品の紹介文を書いている時ですね。

「正直、めっちゃ怖かったんです。何でか分からないけど手が震えていましたし。」

あれからもう今は結構時間が経っているので、正直「何故にあんなにセールスをするのが怖かったのか、その感情を正確に思い出す事はできません。

しかし、私はライターとして始めてセールスをする際に、かなりビビッて、

「本当に大丈夫なのか、、?」「あーお金が入ってきてしまうかもしれない」「何かヤバい。ヤバい」

みたいな感じで動揺していた事は間違えありません。

「では、そんな状態からどうやって稼げるようになったのか。」

そうですね、次はそれをお伝えしますね。

 

ライティング技術のみでブログから初収入

 

最初に稼げるようになったのは、ライターを始めて6ヵ月ちょっと過ぎた辺りだったかと思います。

それもブログでちょろーんとした紹介文を書いた短い文章だけの記事から確か1万1000円の物が売れました。

、、正直死ぬほど嬉しかったですし、ただ同時に一生懸命にセールス文を書いた他の記事ではなく、めっちゃ文字数が少ない商品が売れた理由が全然分からなくて、さらに深く悩んだような思い出もあります。

(後に「なぜ短い文章で商品が売れたのか」を知ることになっていくわけですが、そこは今回の本題とは意図がズレますのでまた別の機会にでも)

ただ、その時はまだスゲー力んでゴリゴリの文章を書いてましたね、無理矢理自分を鼓舞してね。

ですので、そこからライターとして「普通に稼げる」ようになるまでも、私は結構時間がかかっている方かなと思っています。

「では、劇的に収入が上がったのはいつなのか、その時に何をしたのか。」

次にあなたが気になるのは、こんな感じですかね。

では、それをお伝えしますね。

 

もはや「空気の吸うのと同じ」レベルで文章を書き殴る

 

正直に言いましょう。

私がある程度”普通に”ライターとして稼げるようになったのは、もはや「ライター」や「セールス」という単語すら、自分の頭の中で”空気を吸うのと同じ”ってぐらい当たり前になったときです。

これは結構ガチで言ってます。

なんて言うんですかね、文字通り「書く事が当たり前、普通」って言うか。

逆になんかライターを始めたばかりの自分を冷静に「あの頃って無駄に頑張ってたな」と思えるぐらいというか。

ええ、私はそれぐらいPCに向かいひたすら文字をタイピングしまくってからでしたね、普通に稼げるようになったのは。

ですので、やはりそんな私からすと「アフィリエイトで記事書いてたら簡単に儲かる!」みたいな嘘つきが言っている事は、血反吐が出るぐらい嫌いですね。

もはや嫌悪感を感じるれべるで。

まぁ私にライターとしての才能があまり無かった事が原因かもしれませんが、少なくとも「日常生活さえライティングの事しか考えてない」という時期が、一時期はあるぐらいですから。

ただ、それらの「書き殴ってきた日々」を越えたお陰で、まぁ普通にネットに記事を一つ投稿するだけで稼げるようになれました。

うん、ですのでそれこそ「お金に困ってどうしようもならない」「会社に依存して、、」みたいな生き方は全く考えなくてよくなれたのも事実です。

って言うか、今ではもはや「書いている実感さえない」という感覚で、ただ好きな事を言いたいように書いていたら、共感してくれる人が居たり、喜んでくれる人が居るみたいな状況だったりします。

だから、そりゃ今の私にとっては「ライティングって楽しい。稼げるし」っていう感じなんです。

 

「稼ぎたければ一心不乱に書いて、書いて、書き続けろ」

 

最後にあなたへのメッセージをお伝えして今回の記事を締めますね。

「ライターとして稼ぎたいのあれば、ただ一心不乱に書いてください。」

私から以上です。

おそらく最初は「一心不乱に書く」という意味すらあんまり分からないはずですので。

その意味が分かるまで書いていたら、多分あなたも”稼げるライター”になっていると思います。

もちろんそれは簡単な事ではないですよ。

ただ、それは何の世界でも同じですよね。

私は「お金を稼げる=プロ」だと思っていますが、何の世界でもプロになる事は簡単ではないはずです。

それこそ「努力」も「忍耐」も居ると思います。

しかし、逆に一度ライティング技術を身に付けてしまうと”生涯喰っていける技術”でもあると思うのです。

つまり、一度ライターとしてプロレベルで書けるようになると『お金』と『自由』が約束されていると言っても過言ではないと言う事ですね。

それだけライティング技術は、魅力的な能力だと思っています。

少なくとも、私自身はそう感じて今も粛々とほぼ無意識に、かつ気が向いた時に書き続けている日々を送っていますので。

という事で、今回は私のリアルな「仕事術」をあなたにお伝えしました。

何か1つでもあなたのお役に立てたのであれば嬉しく思います。

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

ジン

⇒コンテンツ一覧へ

”期間限定”無料メルマガ講座

 

>>年間純利益”数億円”のネットビジネスの組み立て方

 

年間利益"億"を稼ぎ出すネットビジネスの神髄

   

"5億を稼ぐ男"に学んだ、ネットビジネスで"億"を稼ぎ出す仕組みの全て。(そのノウハウのあまりのシンプルさと完成度の高さに私は身震いしてしまいました)

 

何故、完全に無名のしかもネットビジネス後発組が、月収100万円を6ヵ月以内に何人も達成する事が出来たのか。(「無名」「後発組」などという事はネットビジネスにおいて全く関係無いという事が、この事実によって証明されたと言えると思います)

 

ネットビジネスで長期的稼ぎ続ける為のあるたった一つのスキルとそのスキルを効率よくマスターする方法。(事実上、"5億を稼ぐ男"はこのたった一つのスキルで全ての資産を築いたと言っても過言では無いのです)

 

私が"ある作業を毎日繰り返すだけで"自身のブログからの収入を「一桁」上げたカラクリ。(時間にして約1時間。ある作業を繰り返すだけで私のブログからの収入は「一桁」変わってしまいました)

 

ネットビジネスでの収入を不労所得化する為のブログ及びメルマガの構成における原理原則。(「売りたい商品を売るべき人に売る」このネットビジネスにおけるシンプルな販売原則をブログ及びメルマガに適用させる事で、収入を不労所得化する事が出来るのです)

 

上記の中にあなたが1つでも知りたいと思う事があるならば、下記の画像をクリックして私の「無料メルマガ講義」を受けて、その答えを受け取って下さい。