あなたがもし今現在「思うようにお金を稼げていない」のであれば、今回の記事を読まないと”一生貧乏人のまま人生が終焉”してしまう危険性さえあると思います。

いいですか、あなたがこれから本気で「お金を稼げる人になりたい」と心底熱望しているのであれば、是非今回の記事内容を一言一句聞き洩らさないでください。

私はついに”お金持ちになる人と一生貧乏人のままな人の明確な違いを見つけてしまったかもしれません。。”

今回はその内容をあなたにもシェアしますので、あなたも是非”自由なお金持ち”になって頂けたらと思います。

 

”これ”を知らないとあなたは一生お金持ちになれない・・

 

私がこれまで数多くの「お金持ち」と「貧乏人」から話しを聞き、現在考えている「お金持ちと貧乏人の明確な違いとは何か」なのですが、それが下記になります。

”お金持ちになる人は自分自身がなぜお金を稼ぎたいのかが明確なんです。”

以上になります。

「え、これだけですが、、ちょっとなんの事かそれだけじゃ分からないです」って感じですかね?

ええ、結論あなたがもし自分自身がお金を稼ぎたい明確な理由が分かったなら、あなたもすぐに自分自身が望む年収を手にする事ができると思うのです。

「いやいや流石にそれだけじゃお金持ちになるのは流石に無理なんじゃないですか」とあなたが猜疑心MAXになる気持ちは分かります。

しかし私がこれまで多くのお金持ちを調べた結果、ほぼ全員のお金持ちが「自身がお金を稼ぎたいと思う理由が明確」だったのです。

逆に言うと一般的ないわえる貧乏な人ほど、”なぜお金を稼ぐ必要があるのか”というのが自分自身で曖昧な傾向がありました。

例えばですね、この現象を「ご飯を食べる」という現象を例に出して考えてみますね。

まずお金持ちな人は「何を食べるか」「どのお店で食べるか」「予算はいくらなのか」「時間は」・・のような感じで今すぐにでも実行可能なレベルで「ご飯を食べる」という行為を多角的に考えているようなイメージです。

対して貧乏人は「ただ何となくお腹が空いたから何か食べたい」や「そもそもお腹が空いているかどうかもよく分からない」というようなイメージなんですね。

わかりますか、この両者の明確な違いが。

 

なぜ、フェラーリが欲しいのか

 

つまり貧乏人ほど「ただ何となくあれもこれも欲しいからお金がいっぱい欲しい」みたいな曖昧なイメージしか抱けていなかったりします。

さらに言うと例えば「いや明確に僕はフェラーリが欲しいからお金が欲しいんです」と言っている貧乏な方が居るとしますね。

これって一見すると「欲しい物が具体的である」とあなたは感じるかもしれません。

、しかし実はこれはまだ私の中では「明確なお金を稼ぐ理由」には該当しないんです。

それはただ「欲しい」と言っているだけです。

ただ欲しいというだけなら「芸能人と付き合いたい~」や「高級車が欲しい~」みたいな感じで、誰でも何でも欲しがる事は幼稚園児だってできますからね。

それではまだ「お金を稼ぐ理由が明確になった」とは言い難いわけです。

ではどうすれば良いのかですが、更に一つ質問を追加してどんどん自身の「欲しい」と掘り下げる必要が実はあるんですね。

例えば先程の例文で言えば”なぜフェラーリが欲しいのか”という質問が最も適当だと思います。

なぜフェラーリが欲しいのか?

それは寝る間を惜しんでも欲しいレベルで欲しいのか?

なぜ他の車ではなくフェラーリなのか?

具体的にいつまでにフェラーリが無いと死にたくなるレベルで嫌なのか?

せめてこれぐらいのレベルでは自身の「欲しい」という思考を掘り下げなければ「お金を稼ぐ理由が明確になった」とは言えないんですね。

逆に言うと、このレベルまで自身のお金を稼ぐ理由が明確になってくれば、人はその自身の「欲しい」という欲求の強さに応じて実際のお金を稼ぐ行動も喜んで行えるようになってくるのです。

 

お金に執着する=貧乏人の敗北者確定

 

では次なのですが、今回はもう一点お金持ちと貧乏人の明確な違いについてあなたにお伝えしたいと思います。

次はですね、”実はお金持ちレベルが高い人ほどまだ貧乏だった頃から「別にお金が入ってこなくてもいいけど」というようなある種の心の緩さがある事が多いんです。”

先程の章では、「お金を稼ぐ理由を明確にする」といういわえるゴール選定の重要性という話しをしたわけですが、実はもう一つの罠がこの”お金に対する執着心”というテーマなんですね。

結論、大富豪レベルでお金を稼ぐのが上手な人ほど中庸的な物の考え方をしているって事なんです。

、、中庸的ってちょっと分かりずらいかもしれませんが、まぁ要するに「真ん中の思考」って感じですかね。

「○○という明確な理由のためにお金を稼ごうと仕事を頑張っているが、まぁ別に今が楽しいしお金が入ってきてもこなくてもどっちてもいっか」みたいな心の緩さがある状況になっているほど、実際に大金を手にしている傾向があるのです。

対して実は貧乏レベルが高い貧乏人ほど「お金が入ってこないから楽しくない」「お金がいっぱい欲しい」「お金、お金、お金」と大体四六時中「お金」に執着をしている場合が多かったりします。

しかしなんでか私も正確に熟知しているわけではありませんが、それこそ恋愛で例えると「美人のケツを追いかけ回せば回す程美人は落ちない」と同じような現象が発生するようなんです。

逆にお金持ちになれる人はそれこそ相手が芸能人クラスの美人だったとしても「まぁ落とせても落とせなくてもどっちでもいっか」ぐらいの心の緩さがあるため美人でも”落ちてしまう”というような印象になります。

 

中庸的な思考を持つ者は全ての”幸運”に愛される

 

という事で今回はあなたに二点のお金持ちと貧乏人の明確な違いについてお伝えしました。

 

1,お金を稼ぐ明確な理由(ゴール選定の重要性)
2,心の緩さ(中庸的な物の考え方)

 

特にあなたが日本人なのであれば、「2,心の緩さ(中庸的な物の考え方)」はかなり重要だと思います。

日本人は古代から争いを好まない民族と言われていますし、「他の人の物を奪ってでも欲しい」みたいな野蛮な思考は持ち合わせていない人が多いですから。

それこそ美人な女性をバンバン落とせるモテ男のように「女が落ちようが落ちまいがどっちでもいい」的な心の緩さをお金を稼ぐというテーマにも持った方がいいかと思います。

、、それにある程度お金を稼げるようになればあなたも自然と分かるかと思いますが、”沢山お金を稼いでも幸福度って対して変わりませんので。

今言われてもあんまりピンとこないかもしれませんが、年収300万円でも年収3000万円でも3億円でも、マジでそんなに幸福度の違いに差はないんですよこれが。

つまりただ「もっと稼ぐ」「もっともっといっぱいお金を稼ぐ事が人生の目的」みたいにお金に執着し過ぎるのもかなり危険だと思うという事です。

何でも「そこそこ」が一番楽しいし、幸せな生き方ができるような気がしています。

という事で最後は完全に私の単なる主観でしたが(笑)

では今回は以上です。

何か1つでもあなたのためになったのであれば嬉しく思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ジン・カヲル

⇒コンテンツ一覧へ

 

 

”期間限定”無料メルマガ講座

 

>>年間純利益”数億円”のネットビジネスの組み立て方

 

年間利益"億"を稼ぎ出すネットビジネスの神髄

   

"5億を稼ぐ男"に学んだ、ネットビジネスで"億"を稼ぎ出す仕組みの全て。(そのノウハウのあまりのシンプルさと完成度の高さに私は身震いしてしまいました)

 

何故、完全に無名のしかもネットビジネス後発組が、月収100万円を6ヵ月以内に何人も達成する事が出来たのか。(「無名」「後発組」などという事はネットビジネスにおいて全く関係無いという事が、この事実によって証明されたと言えると思います)

 

ネットビジネスで長期的稼ぎ続ける為のあるたった一つのスキルとそのスキルを効率よくマスターする方法。(事実上、"5億を稼ぐ男"はこのたった一つのスキルで全ての資産を築いたと言っても過言では無いのです)

 

私が"ある作業を毎日繰り返すだけで"自身のブログからの収入を「一桁」上げたカラクリ。(時間にして約1時間。ある作業を繰り返すだけで私のブログからの収入は「一桁」変わってしまいました)

 

ネットビジネスでの収入を不労所得化する為のブログ及びメルマガの構成における原理原則。(「売りたい商品を売るべき人に売る」このネットビジネスにおけるシンプルな販売原則をブログ及びメルマガに適用させる事で、収入を不労所得化する事が出来るのです)

 

上記の中にあなたが1つでも知りたいと思う事があるならば、下記の画像をクリックして私の「無料メルマガ講義」を受けて、その答えを受け取って下さい。