今回は私的哲学論である『空虚論』という小論を解説したいと思います。



ただ、実際の内容解説に入る前に一点注意事項があります。

それは、あなたがもし何らかな形で「経済的な成功」を志しているなら、
今回私が説く『空虚論』を知ってしまうと、

”経済的な成功の無意味さに気付いてしまうかもしれません。”

ですので、私も紆余曲折、色々な事を経験した後に、
現在この『空虚論』に達しているという事を、
まずは念頭に置いて頂ければと思います。

それでは今回の小論のスタートです。

 

何故、カツカレーを「おいしい」と思ってしまうのか

 

私は、現在までの約10年ほど、
「経済的な成功」というものを目指していたりします。

そして、一応、世間的には私もそれなりに、
自由な生活を送っているように見られているようです。

(もちとん私の中では「成功した」なんて思っていませんが…)

ただ、「経済的な成功」を追い求めて富の構築に励んできた中で、
私は最近ある事に気付いてしまいました。

それが下記です。

”全ては自身の「脳」が判断する世界観に過ぎない”

という気付きになります。

そして、私はこの気付きに『空虚論』という名前を付けたのです。

要するに、私は一種のマトリックス世界の中に、
居るような感覚になって現在を生きていたりします。

例えば、私が「おいしい!」と声を上げながら食べているカツカレー。

私がこのカツカレーを「おいしい」と感じているのは、
私が過去に、このカツカレーと似たカツカレーを食べた時に、
「おいしい」と感じた「経験」が脳内にあるからだと思います。

また、更に言えば「カツカレーはおいしい」と感じた経験が
私の脳内に複数回あるために、私の脳の「記憶」は、
より強く「カツカレーはおいしい」と信じ込んでしまっているようです。

他の例えで言うならば「女性」。

私は一応、生物学上「男」ですので女性が好きだったりします。

先日も、街の繁華街を歩いていて、
モデル系の清楚な美人に見とれてしまいました。

そして、私は心の中で「なんて美しい人なんだ」とつぶやいてしまったのです。

しかし、私の『空虚論』的に言わせてもらえば、
その女性を見て、私が「美しい」と感じたのは、
私の過去の経験の中に「そのような女性は美しい」という記憶が、
どこかに埋め込まれていたからだと思います。

おそらく私が生まれたばかりの赤ん坊で、脳の記憶が0だったなら、
その女性を見て「美しい」とは感じなかったはずですからね。

いかがでしょうか。

結局、私は、1人、1人の人間が行う全ての判断や行為は、
その人の脳内に蓄積された過去の「経験」と「記憶」による、
たんなるの”脳内判断の一種”に過ぎないと考えていたりします。

言ってしまえば、女性を見て「可愛い」と判断するのは、
自身の脳内に蓄積された「経験」と「記憶」の産物に過ぎないと思うのです。

つまり、人間が行う全ての判断が、
その人の脳内で行っている「勝手な判断」だと仮定するならば、

「この世の中に本当に価値があるものなど存在せず、
また、無価値だと断定できる確証も存在しない」

となるかと思います。

これが私的哲学論である『空虚論』。

”全ては自身の「脳」が判断する世界観に過ぎない”

なのです。

 

経済的な成功を追い求め解明に励んだ結果

 

ここまで話してきたことが、
大まかな『空虚論』の全体像の解説になります。

では、ここからは私の『空虚論』を使って、
改めて「経済的な成功」について考えてみたいと思います。

それではいってみましょう。

今回、『空虚論』から掘り下げる「経済的な成功」というテーマに関しては、

「何故、私はお金を欲するのか」

という事を『空虚論』を使って考えてみると分かりやすいかと思いますので、
このテーマでいってみたいと思います。

「何故、私はお金を欲するのか」

この問いに対して私の『空虚論』を用いて端的に回答すると、
下記のようなことが言えるわけです。

その人が過去に経験した事の中で「お金を持つ」ことによって、
自身が「得をする」と記憶してしまったから

となります。

例えば、

「これだけのお金を持つと、あれと、それと、これが手に入る」

という気付き(経験)による記憶などですね。

あるいは、逆に、

「お金が無いために経験することになった不都合な事」

という気付き(経験)による記憶なども含まれているかと思うのです。

ただ、いずれにしても私の『空虚論』の概要である、

”全ては自身の「脳」が判断する世界観に過ぎない”

に当てはめて考えると、
下記のような言い方になってしまいます。

結局、人間の「お金が欲しい」という思考は、
全てその人の脳に記憶された数々の経験によって生み出された
「当人の脳内だけの産物」だと言えると思うのです。

要するに、人間という生物は、自身の脳内に蓄積された記憶の集合体で、
物事を”盲目的に判断している生物”という皮肉のこもった言い方もできるわけですね。

つまり、「経済的に成功をしたい」などと掲げている人は多いようですが、

それはただ、自身が歩んできた「人生」という名の、
過去に作り上げられた記憶にただ支配されて、
現在の「経済的な成功をしたい」という判断を、その人の脳内が、
無意識にしているだけという人が大半かと思うのです。

更に、私の『空虚論』の概要である、

”全ては自身の「脳」が判断する世界観に過ぎない”

から考えてしまえば、お金を沢山持つことができたとしても、
「だから何?」という話になってしまいます。

何故なら、ここまであなたにもお伝えしてきた通りですが、

結局「お金を使って欲しいもの」なども、その人の記憶の中で、
過去にただ脳が「それを欲しい」と記憶しているだけだからなのです。

 

「お金の奴隷」として生きることを辞めませんか?

 

では、最後に今回の私的哲学論である『空虚論』をまとめます。

ここまでの事を総括すると、

「人間という生物は、本当に何から何まで自身の脳に支配されている」

というのが、私の『空虚論』から導き出した結論になります。

そして、あなたがもし「経済的な成功」を求めているのであれば、
それは、あなたの脳が過去に経験してきた記憶のせいで、
「お金を欲している」と言えるかと思うのです。

また、「お金を使って手に入れたいもの」なども、
結局は、あなたの脳が過去に経験した記憶の中で、
「それを手に入れる事を欲しているだけ」だと言えるかと思います。

…という事で、この記事の冒頭で注意書きをしたように、
私の『空虚論』から「経済的な成功」を考えると、

何とも「無意味」なことに思えた方も居るかもしれません。

そして、実際に私は約10年ほどビジネス的なことに取り組み、
紆余曲折、色々な経験をさしてもらいましたが、
現在そのような「無意味さ」を感じていたりもします。

しかし、私がこの記事であなたに伝えたかったことは、
決して「経済的な成功の無意味さ」ではありません。

そうではなくて、

”お金が「ある」「無い」という事に、
一喜一憂し過ぎるのは辞めた方が良い”

という事なのです。

確かに、現代の資本主義社会においてお金を持っていれば、
大抵の欲望は叶うかもしれません。

でも、その多くの人がお金によって叶うと思っている欲望は、
結局、この資本主義社会に生きたその人の脳が、
「この欲望を叶えたい」と思っているに過ぎないからです。

(資本主義社会にいいように支配されて生きた人とも言えるわけですね)

極端な話ですが、今の時代が平安時代だったなら。

あるいは今の時代が縄文時代だったなら。

お金に対する概念そのものが、
あるいは「欲望」や「成功」に対する捉え方自体が、
根本的に全く異なるものになっていたはずなのです。

ですので、

「結局、お金が欲しいと思っているのは私の脳内の記憶なんだ。
そして私は資本主義社会に生きてきたから、そう考えているだけなんだ」

という感じの少し冷静な思考を持つ事ができれば、
「お金の奴隷」になって一喜一憂する人生から解放されるかと思います。

そして、最後にビジネスにおける成功者の不思議なのですが、

”一代で巨万の富を築き上げる人物ほど、さほどお金に頓着が無い”

という事もあるのです。

(この事実を知らない方は、試しにGoogleなどで、
ウォーレンバフェットという世界トップクラスの大富豪の、
日常生活や考え方を調べてみることをおすすめします)

おそらく、彼等のような「資産を築き上げる達人」などは、
私と同じか、あるいは違い発見によって「お金の無意味さ」を感じて、
”お金を稼ぐこと以外にビジネスのやりがい”を見つけたからこそ、
大富豪にまで成り上がれたのではないかと思っていたりもします。

いずれにしても「お金の奴隷」になって生きる人生は、
かなり苦痛だと思いますし、大変だと思ったので、
今回、私的哲学論である『空虚論』を公開した次第です。

それでは今回は以上になります。

また、この手の哲学論に興味がある方は、
次回以降もお付き合いください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ZIN

⇒コンテンツ一覧へ

”期間限定”無料メルマガ講座

 

>>年間純利益”数億円”のネットビジネスの組み立て方

 

年間利益"億"を稼ぎ出すネットビジネスの神髄

   

"5億を稼ぐ男"に学んだ、ネットビジネスで"億"を稼ぎ出す仕組みの全て。(そのノウハウのあまりのシンプルさと完成度の高さに私は身震いしてしまいました)

 

何故、完全に無名のしかもネットビジネス後発組が、月収100万円を6ヵ月以内に何人も達成する事が出来たのか。(「無名」「後発組」などという事はネットビジネスにおいて全く関係無いという事が、この事実によって証明されたと言えると思います)

 

ネットビジネスで長期的稼ぎ続ける為のあるたった一つのスキルとそのスキルを効率よくマスターする方法。(事実上、"5億を稼ぐ男"はこのたった一つのスキルで全ての資産を築いたと言っても過言では無いのです)

 

私が"ある作業を毎日繰り返すだけで"自身のブログからの収入を「一桁」上げたカラクリ。(時間にして約1時間。ある作業を繰り返すだけで私のブログからの収入は「一桁」変わってしまいました)

 

ネットビジネスでの収入を不労所得化する為のブログ及びメルマガの構成における原理原則。(「売りたい商品を売るべき人に売る」このネットビジネスにおけるシンプルな販売原則をブログ及びメルマガに適用させる事で、収入を不労所得化する事が出来るのです)

 

上記の中にあなたが1つでも知りたいと思う事があるならば、下記の画像をクリックして私の「無料メルマガ講義」を受けて、その答えを受け取って下さい。