IMG_3548
 

今回は、私が、

「沈黙のwebライティング」を読んだ感想を書いてみたいと思います。

それでは今回の記事のスタートです。

 

沈黙のwebライティングを読んだ感想

 

まず「沈黙のwebライティング」とは、
アフィリエイトに取り組んでいる方にとってはお馴染みの、

「賢威」というテンプレートを作成している
株式会社ウェブライダーの松尾茂起さんが書かれている本なのです。

そして、私がこの「沈黙のwebライティング」を読んだ感想を一言でまとめると
下記のようになります。

「おもしろいマンガ本だった」

ですね。

この「沈黙のwebライティング」という本は、
初心者がホームページの作成を行っていくということを、

主人公のボーンさん(マーケティングとコピーライティングのプロ中のプロ)が、
所々でアドバイスをしながら悪者に打ち勝っていくというストーリー形式の本なのです。

(個人的には一発で主人公のボーンさんのファンになってしまいました(笑))

そして、この「沈黙のwebライティング」はページ数が合計631Pもあるのですが、
マンガのような感じで、イラストなども多数使われていますので、
内容的にもスッと読んでしまえる点が非常に良かったと思います。

しかし、ハッキリ言って「沈黙のwebライティング」に書かれている事は、

特に、真新しいことでも凄いことでも無かったという印象もあるのです。

確かに、「今から初めてのブログを作るぞ」という方や、
「コピーライティングってなんだ?」のような超初心者の方は、
「沈黙のwebライティング」で学べることは多いかと思います。

でも、逆にある程度、ブログの作成をやったことがあったり、
コピーライティングについて勉強をしている人からすると、

私と同じように「ただ、おもしろいマンガ本だった」という感想を、
抱くのではないでしょうか。

ですので、コピーライティングの全くのド素人で、
あまり「文章だけで書かれた本を読むことが得意ではない」という方は、

「沈黙のwebライティング」でブログの記事作成などの、
コピーライティングの基礎を学べば良いのではないでしょうか。

ただ、「沈黙のwebライティング」では基本的に、

「どのような書き方をすれば読者がその文章を読んでくれるか」

という点にフォーカスされて書かれている本という印象です。

だから、私がコピーライティングが、
勉強できる優秀教材としておすすめしている、
The Million Writing」のように、

「お客さんに商品を買ってもらうためのセールスライティングが学べる」

という印象は全くないんですね。

ですので、あくまでも「沈黙のwebライティング」で学べる内容は、

”ブログの記事を読者に読んでもらって、
その読者に自身のファンになってもらうまでのライティング技術”

だと考えています。

だから、

「ブログを使ったアフィリエイトで稼ぐためのライティング技術を学びたい」

という方には、私はやはり「The Million Writing」を学ぶことの方がおすすめではありますね。

それでは、「The Million Writing」についての、
私のレビューを読みたい方は下記からどうぞ。

 

>>The Million Writingミリオンライティング(宇崎恵吾)レビュー、特典

 

沈黙のwebライティングで最も印象に残った事

 

最後に、私が「沈黙のwebライティング」を読んでみて、
改めて「これは重要だな」と感じたことをお話しして、
今回のレビュー記事を締めたいと思います。

私が「沈黙のwebライティング」を読んで最も印象に残った事は、
下記の部分になります。

 

”文章は人のエモーショナル(感情)を動かせなければ威力が半減する”

だから、書いた文章を客観的に読んでみて、
「自分の感情は動いたか」を冷静に判断することが重要。

 

この部分ですね。

やはり、ある程度、コピーライティングの知識を学び、
実際にそれなりの数、文章を書いていると、

書いた文章がどんどん論理的になっていく傾向があったりします。

要するに、コピーライティングに取り組んでいく人の多くが、
段々と「お客さんを説得する」ための論理的な文章に偏る傾向があるという事です。

しかし、確かに冷静に自分自身が「お客さん」になった時のことを考えると、

”直接的な購買の決断をしているのは、
あくまでも「感情的な無意識」だったりするかと思います。”

例えば、私の中では「新型のiPhoneが欲しい」や、
「好きな車が欲しい」という購買意欲は決して論理的な思考ではないんですね。

そうではなく、何か感覚的に、iPhoneや車というのが、
ほぼ無意識に「私に欲しくさせる何か(感情)」があるんだと思うのです。

このように、コピーライティングを学んでいると、
「論理」という名の科学的な根拠や説得に偏った文章を書いてしまいがちですが、

”結局、お客さんは「感情的な無意識」で購買を決断している傾向があるわけです。”

ですので、

『お客さんの感情的な無意識を刺激する文章になっているか』

という感覚的なコピーの重要性を改めて考えさせられたことが、
私が「沈黙のwebライティング」を読んで、
最もタメになったと感じているポイントになります。

それでは今回は以上です。

最後に、あなたが「稼げる文章作成術」を、
真に根底から学びたいとお考えなのであれば、

私は、現時点で世の中に出回っている教材や本の中では、
「The Million Writing」が最も結果に直結するライティング技術を学ぶことができる
教材だと思っています。

ですので、あなたが「最短最速」で、
ネットビジネスで結果を手にしたいのであれば、

「The Million Writing」だけは、
絶対に一度、本気で勉強しておいた方が良いかと思うのです。

 

>>The Million Writingミリオンライティング(宇崎恵吾)レビュー、特典

 

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。

ZIN

”期間限定”無料メルマガ講座

 

>>年間純利益”数億円”のネットビジネスの組み立て方

 

年間利益"億"を稼ぎ出すネットビジネスの神髄

   

"5億を稼ぐ男"に学んだ、ネットビジネスで"億"を稼ぎ出す仕組みの全て。(そのノウハウのあまりのシンプルさと完成度の高さに私は身震いしてしまいました)

 

何故、完全に無名のしかもネットビジネス後発組が、月収100万円を6ヵ月以内に何人も達成する事が出来たのか。(「無名」「後発組」などという事はネットビジネスにおいて全く関係無いという事が、この事実によって証明されたと言えると思います)

 

ネットビジネスで長期的稼ぎ続ける為のあるたった一つのスキルとそのスキルを効率よくマスターする方法。(事実上、"5億を稼ぐ男"はこのたった一つのスキルで全ての資産を築いたと言っても過言では無いのです)

 

私が"ある作業を毎日繰り返すだけで"自身のブログからの収入を「一桁」上げたカラクリ。(時間にして約1時間。ある作業を繰り返すだけで私のブログからの収入は「一桁」変わってしまいました)

 

ネットビジネスでの収入を不労所得化する為のブログ及びメルマガの構成における原理原則。(「売りたい商品を売るべき人に売る」このネットビジネスにおけるシンプルな販売原則をブログ及びメルマガに適用させる事で、収入を不労所得化する事が出来るのです)

 

上記の中にあなたが1つでも知りたいと思う事があるならば、下記の画像をクリックして私の「無料メルマガ講義」を受けて、その答えを受け取って下さい。