lgp01a201311210200
 

あなたは、

『罪の十字架』を背負ってないですか?





簡単に言うと

・過去に犯した悪い事で今も悩んでいる

(学生時代に万引きをした、暴力行為をしたなど)

・今、何か罪深い事をしてる

(実は妻に内緒で不倫している、風俗通いが辞められいなど)

そのような事です。

人間は高度な知能を持っている事で、
「善」と「悪」という判断基準を幼い頃から、
ほぼ無意識に学習します。

そして、

自分が「悪」と感じる行為をした場合に

「私は罪を犯してしまった」

という罪悪感に苛まれ、

ふとした瞬間にその罪の意識を思い出し
深い悩みの淵に落ち込む事などがあるわけです。

 

世界最大の『十字架』ビジネスのカラクリ

 

そして、

『罪の十字架』を背負って生きているのは
何も、あなただけではないと言えます。

これからあなたのお客さんになる人や、
会社の同僚、家族なども、皆一様に何かしらの『罪の十字架』を背負って、
苦しみを感じながら生きている場合が多いかと思うのです。

そう。要するに、多くの場合、
この『罪の十字架』という人間心理は、

「人間の感情を強く刺激してセールスに活かす事ができる」

という事です。

例えば、私が他の記事で解説した事がある、

”人は痛みや恐怖から解放されるのであれば
いくらでも喜んで現金を支払う”

というセールス心理学にも応用する事ができます。

そして、この、

『罪の十字架からの解放』

という人間心理を最もダイレクトに刺激している
世界規模のビジネスが、

私は「宗教」だと思っています。

 

1,痛みや恐怖からの解放を求め
 教祖(または神)に入信する

2,お布施を払う事で罪の意識の浄化を願う

3,聖書を勉強し思考が変化する事で、
自身の罪が許される方向に近づいていると錯覚する


4,さらに深く入信する事で「私の罪は許される」と、
より強く感じる事を願う


 

私は、このような人間心理の流れを通り、
「宗教の絶対的な信者」になっていくと考えています。

そして、

「私の罪は許される」と感じたいがために、

さらに深く教祖や神に入信して、

さらに多くのお布施を払って、

さらに深くその宗教を勉強するという、

“終わりのない無限連鎖の渦にハマり、
どっぷりその宗教にハマり更なる従順な『信者』となっていく。”

という風に「宗教にハマる人」を分析しています。

こうして宗教にハマる人は、結果的に、

「自身の罪が許される」という感情を得たいがために、
多額の現金をその宗教(または教祖)に対して支払う事に、
なっていると思うのです。

(もちろん全ての宗教がそうだとは言いませんが)

 

恐怖心を刺激する事で喜んで現金を支払う人間心理

 

”人は欲望を叶えたいと思う気持ちよりも
恐怖を避けたいと思う気持ちの方が2倍以上強い”

これはイスラエルの心理学者が発見した
非常に有名な人間心理の法則です。

この普遍的な人間の心理も踏まえて、
今回私があなたに何をお伝えしたいかと言うと、

あなたが沢山の商品を売ってお金を儲けたいのであれば

”『罪の十字架』(痛みや恐怖)から解放されますよ”

そういうメッセージを発するべきだと思うという事です。

最近の巷のネットビジネスの風潮として、

「パソコン1台でお金を稼いで
自由な人生を生きてみませんか?」

のような「欲望を叶えましょう」的な
メッセージを発しているブログが多いです。

(まぁ、5年前ぐらいからずっとそうですが)

しかし、人間の行動心理を考えると

「欲望を叶えたい」という気持ちは

”「恐怖や痛みを避けたい」という気持ちの
半分の威力しかないと言えます。”


例えば、男性ならこの心理が分かるかと思いますが。

「あなたには可愛い彼女ができますよ」

「あなたは魅力的な女性と落とす事ができますよ」

というメッセージを主張されるよりも、

「あなたの彼女が他の男にレイプされそうです」

「あなたの妻が他の男に寝取られそうです」

と言われた方が、強く感情が動くかと思うのです。

ですので、あなたがもし、

「アフィリエイトで100万円稼ぎましょう」

というメッセージを主張しているとするならば、

「このままでは、あなたは借金地獄に陥り
ホームレスになりますよ」

というような、読み手の恐怖や痛みの心理を刺激する、
上記のようなメッセージもあわせて主張した方が、
より強く読み手の感情を刺激する事ができると思います。

このように欲望だけではなく、
「恐怖や痛み」もあせて主張した方がより強く感情が動き、

「今すぐ何とかするための行動を起こさなければ」

という強い衝動に駆られるのが人間の心理構造なのです。

 

わがままっ子にデコピンする

 

例えば、

「骨にヒビが入っている子供を病院に行かせる」

という行動をさせたいと仮定した時に、多くの人は、

「病院に行って治療を受けたら、
また元気にサッカーできるようになるよ」

というベネフィットを刺激するメッセージを、
子供に伝えるわけです。

しかし、このベネフィットを刺激するメッセージだけでは、
言う事を聞かない「わがままなダダッ子」もいるかと思います。

そのような場合に、

「このまま病院に行かなかったら、
お前は一生、歩けない身体になるんだぞ」

という「恐怖や痛み」を刺激する、
メッセージを伝える方がより主張の説得力が増すわけです。

そしてこの、

「骨にヒビが入っている子供を病院に行かせる」

という場合であれば、骨にヒビが入っている所を
直接おもいっきりデコピンして、

子供に「痛い!」という事実を突きつける事もできます。

そうすれば、何も言葉による難しい説得を行わなくても、

「痛みから解放されたい」「恐怖を避けたい」

という子供自らの強い行動心理により
進んで病院に行くように誘導する事もできるわけです。

 

『罪の十字架』から解放してあげる

 

いかがだったでしょうか。

「私と一緒に100万円稼ぎましょう。
では、下記をクリックして下さい」

というメッセージだけで、お客さんに財布を開いてもらう事は、
難しい場合が多いと言えるわけです。

あなた自身の行動を冷静に考えてみても、
余程、その教材販売者に対しての信用が無ければ、

「私と一緒に100万円稼ぎましょう。
では、下記をクリックして下さい」

というメッセージだけで、
その教材を購入する決断はしないかと思います。

ですので、『文章による説得力を向上』させる為には、
時に、わがままなダダッ子を無理矢理でも行動させるように、

”痛がっている所におもいっきりデコピンを
してあげるようなメッセージを投げかける必要があるかと思うのです。”

時と場合によっては、

「あなたは、痛みや恐怖から解放されます」

というような、人間の恐怖や痛みを刺激してあげる事が
お客さんに行動を促す強力なコピーになる。

という事です。

今回は、

 
・人は皆『罪の十字架』を背負っている

・人は欲望を叶えたいと思う気持ちよりも
恐怖を避けたいと思う気持ちの方が2倍以上強い

痛みや恐怖から解放されるメッセージ
人の感情は強く揺さぶられ強い行動心理を抱く
 

というセールス心理学をお話ししました。

是非、あなたのビジネスにも役立て頂ければと思います。

今回は以上です。

それでは。

ZIN

⇒コンテンツ一覧へ

”期間限定”無料メルマガ講座

 

>>年間純利益”数億円”のネットビジネスの組み立て方

 

年間利益"億"を稼ぎ出すネットビジネスの神髄

   

"5億を稼ぐ男"に学んだ、ネットビジネスで"億"を稼ぎ出す仕組みの全て。(そのノウハウのあまりのシンプルさと完成度の高さに私は身震いしてしまいました)

 

何故、完全に無名のしかもネットビジネス後発組が、月収100万円を6ヵ月以内に何人も達成する事が出来たのか。(「無名」「後発組」などという事はネットビジネスにおいて全く関係無いという事が、この事実によって証明されたと言えると思います)

 

ネットビジネスで長期的稼ぎ続ける為のあるたった一つのスキルとそのスキルを効率よくマスターする方法。(事実上、"5億を稼ぐ男"はこのたった一つのスキルで全ての資産を築いたと言っても過言では無いのです)

 

私が"ある作業を毎日繰り返すだけで"自身のブログからの収入を「一桁」上げたカラクリ。(時間にして約1時間。ある作業を繰り返すだけで私のブログからの収入は「一桁」変わってしまいました)

 

ネットビジネスでの収入を不労所得化する為のブログ及びメルマガの構成における原理原則。(「売りたい商品を売るべき人に売る」このネットビジネスにおけるシンプルな販売原則をブログ及びメルマガに適用させる事で、収入を不労所得化する事が出来るのです)

 

上記の中にあなたが1つでも知りたいと思う事があるならば、下記の画像をクリックして私の「無料メルマガ講義」を受けて、その答えを受け取って下さい。