dac400b0
 

ZINです。

“文章における『冒頭文』がクソだと、
その後の本文にどれだけ良い事を書いても、
その本文が読まれる事は無いわけですから、
文章における『冒頭文』とは非常に重要だと言えるわけです。”




今回は上記の私の主張で示した、
自身のブログやメルマガを作成する時の
文章のスタート時『冒頭文』の重要性を講義します。

そしてこの『冒頭文』の重要性に対する認識は、
既に何らかの形でアフィリエイトブログなどを作成している
「ネットビジネス経験者」でも以外と盲点になっていたりする事でも
あったりするのです。

だから、もしあなたが、

「何故かブログアフィリエイトからの売上があがらない」

「これからメルマガを発行してアフィリエイトで稼ぎたい

と悩んでおられるのであれば、

是非、今回の講義を真剣に受けて頂ければと思います。

それでは今回の講義のスタートです。

 

コピーライティングにおける
文章の『冒頭文』の2つの重要な役割

 

私が考えるアフィリエイトやネットセールスにおける
文章の『冒頭文』には大きく分けて2つの役割があります。

1,読者に「読んでもらう」という最大の壁を越えること

2,見込み客が反応する冒頭文にすること

以上の2点です。

あなたが自身のブログを通して何らかの情報を発信し、
アフィリエイトなどで自由自在にお金を稼ぎたいのであれば、

私は、文章の『冒頭文』の作成に8割ぐらいの時間をかけて、
思考錯誤を繰り返す必要があると思っていたりします。

何故ならば、インターネットを閲覧している大多数の読み手は、
そもそもあなたのブログの文章を読みたいという心理を、
持ち合わせていないからです。

そうでは無くて、

“読み手はあくまでも、自身が探し求めている「情報」を、
いち早く見つけたいと
思っているのです。”

この検索エンジンなどを利用している方の、
基本的な心理を理解して上で『冒頭文』を作成していく事が、
まずは大前提と言えるかと思います。

そして読み手は、あなたのブログを訪れて、
最初に目にする『冒頭文』の文章を「眺める」事で、

「このブログに私が求めている情報はあるのか」

を、ほぼ無意識に一瞬で判断していると考える事できます。

故に、読み手がブログを訪れた際に一発で、
「ここに私が求めている情報がある」と感じる
『冒頭文』を意地でも作成する必要があると思うのです。

それではここから、私が考える『冒頭文』の
2つの重要な役割について詳しく解説していきます。

 

 

1,読者に「読んでもらう」という最大の壁を越えること

 

【読者に「読んでもらう」という最大の壁を越えること】とは、
文章を書く『冒頭文』において、

「あなたが探している情報はここにあります」

というメッセージをしっかりと読み手の方に示すという事です。

例えば、私が今回の記事の『冒頭文』で使用した文章は下記になります。

 
“文章における『冒頭文』がクソだと、
その後の本文にどれだけ良い事を書いても、
その本文が読まれる事は無いわけですから、
文章における『冒頭文』とは非常に重要だと言えるわけです。”
 

この文章の『冒頭文』を読んでみると、

既にアフィリエイトに取り組んでいる人の中で、
「文章作成の重要性」に気付いている方への
メッセージになっている事がお分かり頂けるかと思うのです。

このように、記事の『冒頭文』にあたる文章で

「私が探している情報がここにあるのではないか」

と読み手に思って頂く事が、私が考える、
『冒頭文』の作成における一つ目の重要な事になります。

 

2,見込み客が反応する冒頭文にすること

 

次に【見込み客が反応する冒頭文にすること】とは、
あなたがアフィリエイトに取り組んでいく中で、
「集客→信用→セールス」を受けて欲しい読み手が、
その記事を読みたくなるような工夫をするという事です。

例えば、私が今回の記事の『冒頭文』で、
見込み客が反応するようなメッセージを記した文は下記になります。

 

だから、もしあなたが、

「何故かブログアフィリエイトからの売上があがらない」

「これからメルマガを発行してアフィリエイトで稼ぎたい

と悩んでおられるのであれば、

是非、今回の講義を真剣に受けて頂ければと思います。

 

この一文を書く事によって、

「ブログを使ったアフィリエイトで稼ぎたい」

「メルマガを使ったアフィリエイトで稼ぎたい」

という思考を持った読み手に、
この記事を読んでもらえるように工夫しているわけです。

 

『冒頭文』で読み手の気持ちを訴求できなければ、
それ以降の文章が読まれる事は無い

 

今回の講義で話してきたように、

あなたがアフィリエイトでブログを集客媒体として、
「集客→信用→セールス」というビジネスの展開をお考えなのであれば、

”読み手が「私の探している情報はここにある」と感じる
『冒頭文』を書く事は必須と言えるわけです。”


そして、記事の『冒頭文』には、
あなたが紹介するアフィリエイト商品を欲している読み手が、
反応するような文章を付け加えておくという工夫もあります。

今回、講義してきたように『冒頭文』の作成に手を抜くと、
あなたが一生懸命に作成した記事本文が、

「誰にも読まれる事のない無駄な文章」

に成り下がってしまうのです。

しかし、逆に記事の『冒頭文』でしっかりと、

読み手が、

「私が欲している情報がここにある」

と感じるような文章を作成すれば、

読み手がその後の記事本文を、
しっかりと読んでくれる確率が飛躍的に高まると言えます。

だから、あなたも記事作成時における『冒頭文』の構成には、
「1ミリたりとも手は抜けない」と考えて文章を練り上げて下さい。

 



それでは今回の講義の最後に、文章の『冒頭文』時に、

「どの程度まで読み手を特定する冒頭文にすれば良いのか」

という疑問をあなたは抱いておられるかもしれません。

例えば、「恋愛市場で男性に向けたコピー」で例文をあげるとすれば、
下記のような絞り方をする事ができるわけです。

・恋愛に悩むあなたに伝えたい事があります

・彼女が出来ない男性必見

・社会人男性が運命の彼女を見つける方法

・40代のサラリーマンが彼女を作る会話とは

上記はどれも「恋愛に悩む男性」に向けた
メッセージになっている事がお分かり頂けるかと思います。

しかしその中で、どの『冒頭文』を使用するかによって、
その本文を読んでくれる読み手の客層が
少なからず変わってきてしまうわけです。

だから次回の記事では、私なりの

『コピーライティングの視点から考察した
読者のターゲティング戦略』


について解説します。

あなたが、この手の記事に興味がおありならば
また、次回もお付き合い下さい。

それではまた次回。

ZIN

>>コピーライティングにおける読者のターゲティング戦略

”期間限定”無料メルマガ講座

 

>>年間純利益”数億円”のネットビジネスの組み立て方

 

年間利益"億"を稼ぎ出すネットビジネスの神髄

   

"5億を稼ぐ男"に学んだ、ネットビジネスで"億"を稼ぎ出す仕組みの全て。(そのノウハウのあまりのシンプルさと完成度の高さに私は身震いしてしまいました)

 

何故、完全に無名のしかもネットビジネス後発組が、月収100万円を6ヵ月以内に何人も達成する事が出来たのか。(「無名」「後発組」などという事はネットビジネスにおいて全く関係無いという事が、この事実によって証明されたと言えると思います)

 

ネットビジネスで長期的稼ぎ続ける為のあるたった一つのスキルとそのスキルを効率よくマスターする方法。(事実上、"5億を稼ぐ男"はこのたった一つのスキルで全ての資産を築いたと言っても過言では無いのです)

 

私が"ある作業を毎日繰り返すだけで"自身のブログからの収入を「一桁」上げたカラクリ。(時間にして約1時間。ある作業を繰り返すだけで私のブログからの収入は「一桁」変わってしまいました)

 

ネットビジネスでの収入を不労所得化する為のブログ及びメルマガの構成における原理原則。(「売りたい商品を売るべき人に売る」このネットビジネスにおけるシンプルな販売原則をブログ及びメルマガに適用させる事で、収入を不労所得化する事が出来るのです)

 

上記の中にあなたが1つでも知りたいと思う事があるならば、下記の画像をクリックして私の「無料メルマガ講義」を受けて、その答えを受け取って下さい。