a960e90256cbff4c0f46c7fb1e164c0e
 

ZINです。

今回は、コピーライティングにおける
「反社会性」の要素について講義を行っていきたいと思います。

コピーライティングにおける「反社会性」の要素は、
あなたが書いた文章にインパクトを持たせ、
読み手の「好奇心」を刺激する強力な要素になったりするのです。



しかし、コピーライティングにおける「反社会性」の要素は、
あまり多用し過ぎると、逆に読み手に「胡散臭さ」や、
「不信感」を与える場合があります。

ですので、今回はこの辺りの事を踏まえて、
コピーライティングにおける「反社会性」の要素について、
講義してみたいと思うのです。

それでは今回の講義に入っていきます。

 

コピーライティングにおける「反社会性」の要素とは

 

コピーライティングにおける「反社会性」の要素とは、
例えば下記のような言葉をタイトルや本文内に用いる事を意味しています。

 
「ヤクザの資金源の秘密」
「元暴走族総長の告白」
「女子中学生がひき逃げ」
「有名芸能人の逮捕の真相」
 

上記のような、一般社会的にあまり大きな声で堂々とは発言できない
「単語」や「フレーズ」を使う事で、読み手の「好奇心」を刺激する要素が、
「反社会性」の要素なわけです。

少し余談にはなりますが「反社会性」の要素を英語で表現すると、
「Con traverse tee(コントラバースティ)」と表現されています。

そして、アメリカを始めとする英語圏の、
DRM業界や情報ビジネス業界においても、
「Con traverse tee」の要素は、読み手の注意を惹く要素として、
重要視されていたりするのです。

 

コピーライティングにおける「反社会性」の実例

 

では、話しをコピーライティングにおける
「反社会性」という要素に戻します。

ここでもう一度改めて私が例文としてあげた、
「反社会性」を用いた文章を読んでみて下さい。

 
「ヤクザの資金源の秘密」
「元暴走族総長の告白」
「女子中学生がひき逃げ」
「有名芸能人の逮捕の真相」
 

上記の例文の中で「反社会性」という要素になっているフレーズは、
下記の単語になります。

「ヤクザ」「元暴走族総長」「ひき逃げ」「逮捕」

例えば、私が今回示した「反社会性」を用いたフレーズが、
「Yahoo!Japanニュースの見出し」になっていたら、
少なくとも、その「反社会性」を用いたフレーズに反応して、
思わずそのタイトルをクリックして記事を読んでしまう人もいるはずです。

そして事実、「Yahoo!Japanニュース」には、下記に示したような、
「反社会性」の要素を用いたフレーズが、
タイトルコピーに使用されていたりします。

 

Yahoo!
 

上記の画像の中の「Yahoo!Japanニュース」のタイトルコピーの中に、

「オレオレ詐欺 判明し震えた足」

というタイトルコピーがあります。

このタイトルコピーの「オレオレ詐欺」というフレーズは、
「反社会性」の要素を用いたコピーとなるわけです。

やはり、それだけ「反社会性」の要素が、
読み手にもたらすインパクトは強力だと言えるかと思います。

そして、その「反社会性」の要素が的確に読み手の「好奇心」を、
刺激するタイトルコピーになっていると、読み手がその本文自体を、
読んでくれる可能性は飛躍的に高まるわけです。

 

コピーライティングにおける「反社会性」の使い方と歴史

 

ここまで解説してきたように、コピーライティングにおける、
「反社会性」の要素は、読み手に「その続きを読まずにはいられない」
という強い「好奇心」を作り出す要素だと言えます。

しかし、今回の記事の冒頭でお伝えした通り、
「反社会性」の要素は、あまり多用し過ぎると、
逆に読み手が「胡散臭さ」や「不信感」を感じて、
文章全体が全く読まれなく可能性もあるのです。

ですので、コピーライティングにおける「反社会性」の要素は、

“あくまでも自身のメインメッセージ(主張)を際立たせる為の、
「スパイス」的な要素である事を理解して欲しいのです。”

例えば、読み手をあなたが書いた文章本文に引き込んでいく為に、
冒頭文の一か所だけに「反社会性」の要素を用いたフレーズを挿入する。

あるいは、

タイトルコピーだけに「反社会性」の要素を入れてみる。

のように、本当に”ちょっとだけ”「反社会性」の要素を、
用いてみるというさじ加減が大事になってきます。

それこそイメージとしては、カレーライスに少しだけ、
スパイスを振りかけて味をより良くするのようなイメージを、
あなたにも持って欲しいと思います。

何故ならば、単純にコピーライティングを駆使して何かの物を売る。
あるいは、何かの物を長期的に売る続けていく事を考えた時に、

“「反社会性」の要素を用いて読み手の「好奇心」を刺激できる事よりも、
「反社会性」の要素が原因で、読み手に「胡散臭さ」や、
「不信感」を与える方が圧倒的にデメリットが大きいからです。”

そして追加情報として、日本における情報業界。
あるいはアフィリエイト業界の歴史から考えてみても、

今から約10年前ぐらいにある超有名なネット起業家が提唱していた、
コピーライティングにおける「反社会性」の要素を、
間違って理解したインフォプレーナーやアフィリエイター達が、
こぞって「胡散臭い」文章を書き綴っていたという経緯もあったりします。

ですので、あの頃からの情報業界やアフィリエイトを知っている読み手は、
「反社会性」のフレーズを見ただけで「胡散臭さ」や「不信感」を、
抱かれる方もいるようです。

このような日本における情報業界やアフィリエイトの歴史もありますから、
コピーライティングにおける「反社会性」の要素は、
読み手に強いインパクトを与える事が出来ますが同時に、
「やや上級者向け」のコピーライティングのテクニックであると言えます。

 

コピーライティングにおける「反社会性」の要素とは総括

 

今回は、コピーライティングにおける、
「反社会性」の要素について講義をさせて頂きました。

コピーライティングにおける「反社会性」の要素は、
あなたが書いた文章にインパクトを持たせ、
読み手の「好奇心」を刺激する強力な要素になったりします。

しかし、コピーライティングにおける「反社会性」の要素は、
あまり多用し過ぎると、逆に読み手に「胡散臭さ」や、
「不信感」を与える場合があるのです。

故に、私の考えるコピーライティングにおける「反社会性」の要素は、

“あくまでも主張を際立たせる為の「スパイス」的な要素である”

と、考えています。

まさにコピーライティングにおける「反社会性」の要素とは、
読み手の「好奇心」も強力に刺激する武器になりますし、
逆に読み手に「胡散臭さ」や「不信感」を与えるデメリットにもなりえる
『諸刃の剣』と表現する事もできるわけです。

ですので、「反社会性」の要素はコピーライティングの初心者の方には、
やや扱いづらい要素となると思います。

しかし、「Yahoo!Japanニュース」の例からも分かる通り、
「反社会性」の要素はより強く読み手の「続きを知りたい」という気持ちを、
刺激できる要素でもありますので、興味がある方は自身の文章作成において、
是非、使用してみて下さい。

(「反社会性」の要素はあくまでも”スパイス”である事をお忘れなく)

それでは今回の講義は以上です。

ありがとうございました。

ZIN

⇒コンテンツ一覧へ

”期間限定”無料メルマガ講座

 

>>年間純利益”数億円”のネットビジネスの組み立て方

 

年間利益"億"を稼ぎ出すネットビジネスの神髄

   

"5億を稼ぐ男"に学んだ、ネットビジネスで"億"を稼ぎ出す仕組みの全て。(そのノウハウのあまりのシンプルさと完成度の高さに私は身震いしてしまいました)

 

何故、完全に無名のしかもネットビジネス後発組が、月収100万円を6ヵ月以内に何人も達成する事が出来たのか。(「無名」「後発組」などという事はネットビジネスにおいて全く関係無いという事が、この事実によって証明されたと言えると思います)

 

ネットビジネスで長期的稼ぎ続ける為のあるたった一つのスキルとそのスキルを効率よくマスターする方法。(事実上、"5億を稼ぐ男"はこのたった一つのスキルで全ての資産を築いたと言っても過言では無いのです)

 

私が"ある作業を毎日繰り返すだけで"自身のブログからの収入を「一桁」上げたカラクリ。(時間にして約1時間。ある作業を繰り返すだけで私のブログからの収入は「一桁」変わってしまいました)

 

ネットビジネスでの収入を不労所得化する為のブログ及びメルマガの構成における原理原則。(「売りたい商品を売るべき人に売る」このネットビジネスにおけるシンプルな販売原則をブログ及びメルマガに適用させる事で、収入を不労所得化する事が出来るのです)

 

上記の中にあなたが1つでも知りたいと思う事があるならば、下記の画像をクリックして私の「無料メルマガ講義」を受けて、その答えを受け取って下さい。